So-net無料ブログ作成

見守っていてください。 [じいじ]

今日は、ペコと最後のお別れをしてきました。

午前中に、火葬を申し込み、酸素室返却の手続きをし、心乱れながらも仕事を済ませ、昼過ぎに帰宅しました。
仕事の途中、別のフロアへ行った帰りに、「一服しようかな。でも、もう少し仕事を進めちゃおうかな」と迷い、結局たばこ部屋へ向かったものの、箱の中に1本もなく…ペコに「仕事しなさい!」と注意された気がして、素直に仕事を再開しました。

娘が帰ってきてから花を買いに行き、お見送りの準備をしていたのですが、色々やってあげたいことがあって、予定時間を過ぎての出発となりました。
ペコとの最後のドライブ。

時間がないのに、今まで経験したことがないほど赤信号に引っ掛かり、遅い車が次々現れ、しまいには道路工事に複数回出会う始末。

でも、すぐに気づきました。
きっと、ペコが少しでも長く家族と一緒にいたいから仕組んでるんだなと。
なので、慌てたり、苛立ったりすることなく、淡々と流れに任せての運転。
遅れても仕方ないという気になりました。
途中、黄色信号で通過できたときに、心の中で「そうはいかないよ、ペコ」と言うと、ペコの文句が聞こえたような…。
一人で微笑んでたんで、気持ち悪がられたかもしれません。

そんなゆっくり運転にもかかわらず、予定時間に到着。
さすがだね、ペコ。

そして最後のお別れをするために、ペコを台に載せようとしたら、手にうんちを付けられて…。
まあ、ペコあるあるだよね。
最後までペコらしい。

お花やお手紙、娘が折った折り紙の犬、フードにお菓子、そしてペコが気に入ってくれた“じいじ特製ボーロ”もたくさん持たせてあげてました。
ペットとの別れは、家内にとって初めての経験であったので、悲しみに暮れており、むしろ娘に慰められていました。

火葬が終わり、家内と納骨する際、ペコの姿が、一緒に持たせてあげたフードをがっついてるようにも見えて、病気でご飯をあまりたべられなかったからかな、なんかペコらしいねと笑いながら、できる限りの納骨をさせていただきました。

帰り道は、今度は信号にあまり引っ掛からないので、早くお家にかえりたいという、またまたペコの仕掛けかな、と一人で微笑んでしまったり。

帰宅後、晩御飯を作る気にもならず、時間も遅かったので、娘の希望する回転寿司へ向かいました。
空腹だと騒ぐ娘は、席に着くと、びっくりするほどのがっつき具合で寿司を食べていたのですが、その姿が、元気な時のペコの食べる姿とそっくりなので、怒る気にもならず、むしろまた一人でにやにやしてしまったり。

今日1日を振り返り、実際ペコをお見送りしてみて、これはペコのためといいながらも、残された人たちが、現実を飲み込み、平静を取り戻すために必要な儀式のような気がしています。
私自身も、悲しみに暮れるという状況からは少し(ほんの少しかもしれませんが)抜け出してきた気もしています。

しかし、あれほど頻繁だったペコのトイレシート交換も、飲み水交換もする必要がなくなり、ペコの酸素ハウスを掃除するための早起きも、毎週末に1時間かけたボーロづくりも、万が一に備えてのノンアル生活も、今となっては不要となり、負担が軽減されたものの、嬉しいかと言えば全然嬉しくない訳で…。
明日は酸素室を撤去し、少し整理をしようと思っていますが、広くなった部屋も、きっと物足りなく感じるのでしょうね。
掃除機に反応して吠えるペコがいないと、掃除が始まらない気もしますし。

本音を言えば、あの笑顔にもう一度会いたいし、ちょこちょこした足音も聞きたいし、また「じいじー!」って飛んで来て欲しい。
謝らなきゃいけないこともあるし、逆に小言の一つも言わせて欲しい。
でも、もう、叶うことのない願いですよね。

ただ、いつまでもうじうじしてるのは、きっとペコの性格からすると、望むところではないと思いますし、昨日心に決めたように、ペコに恥じぬ生き様を、仕事ぶりを見せたいと思っているので…天国から見守っててください。

ありがとう、ペコ。
7072.jpg
(今日、祭壇に飾ったペコの写真。いつもの場所で撮ったもの。またあの場所で会えるよね、ペコ。)


フレンチブルドッグひろば
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット