So-net無料ブログ作成

完治 [じいじ]

日々ご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
大変ご無沙汰いたしております、ゴロ助のじいじです。
ここに現れるのは昨年の3月26日、自分にとっては忘れられないあの日以来となります。

本日、久しぶりの登場となった訳は、一つご報告があり、これまでを振り返っての気持ちを備忘録的に綴らせていただくためです。

長年ご覧いただいている方はご存じでしょうが、我が家は立て続けに不幸に襲われました。
2007年に妻が大病を患い、2009年には長男を失い、2013年に娘が妻と同じ病を患い、そして2015年7月31日にゴロ助が病に侵されました。
ゴロ助の病名は「免疫介在性溶血性貧血」。
この病気で命を落とした犬も少なくありません。
なので、闘病中はある程度覚悟もしていました。

ただ、ペコからの輸血、懸命に治療をしてくださる病院のスタッフの皆様の力により、なんとか薬による寛解状態に辿り着くことができました。

そのゴロ助ですが、本日をもって、投薬を完了することになりました。
もちろん、それにより悪化するようであれば再度治療になりますが、現段階では完治と言って良いとのことです。
あの日、20%を下回っていたHtの値(血液中に占める赤血球の体積比)も、
6029.jpg
40%を超える値で安定しています。

ここまでこれたのは、もちろんゴロ助自身の頑張りと病院の治療によるものでありますが、そんなゴロ助や私どもを応援してくださいました皆様のおかげです。
心より御礼申し上げます。


私は、性格上、心に火が着くと、俯瞰状態からその目標へ一直線となり(正に“はやぶさ”です・汗)、道がなければ切り開けばいい、山があるなら潰してしまえ、と言わんばかりに、一気に走り出す性分であるため、周囲の皆様にご迷惑ばかりかけてしまう、未だ成長しきれない、至らぬところばかりの人間です。
妻の大病後に、うつるはずのない同じ病気を娘が患った時には、もう神様だろうと何だろうと信じない、とまで思った、とんだ勘違い者です。
そんな私にもかかわらず、その都度、多くの皆様にサポートやご助言をいただき、実際はなんとかここまでやってこれたのだというのが、今振り返っての正直な感想です。
それに気付かせてもらったのは、長男の流産、こういった家族の病との闘い、そして昨年3月に一つの節目を迎えた私の仕事の中での経験によるものだと思っています。

それまでも“財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり”との思想を持ち、とりわけ部下の育成には力を入れてきました。
その思いは今も変わりませんが、先ほど述べたような経験により、今度は自分が、自分に係わる多くの人に対し、近くにいようと遠くにいようと、あまねく力を与えられる、支えとなる、サポートできるようになりたいという思いを抱くようになりました。
もちろん、それができていると胸を張って言えるほどではない現状ですが、その思いを胸に、有限な自分の日々を過ごしていきたいと考えています。

中島みゆきさんの代表曲の一つ「糸」。
結婚式でも歌われるような意味で広く一般的にはその歌詞が受け入れられています。
ただ、私以外の一部の方もそう思っているように、私は少し違った形でこの曲を受けとめており、とても大事に感じている曲の一つです。
人との関係は必ずしも良いことばかりではありませんが、私という糸と、私と係わる誰かの糸をもって様々な布を仕合せていきたいと思いますし、私からその糸を絡ませていきたいと思います。

余談も多くなりましたが、ゴロ助の完治にあたり、皆様への感謝の気持ちに自分なりの宣誓を添えて。

引き続き、ゴロ助一家を、どうぞよろしくお願いします。


フレンチブルドッグひろば
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

不撓不屈 [じいじ]

5428.jpg
そうだ、僕らは不屈だ。


フレンチブルドッグひろば
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

前進 [じいじ]

発病から1週間程度は予断を許さないものの、最初の山場は越えたといっていいでしょう、と医師から言葉をいただきました。

赤血球量は、
4936.jpg
今朝の検査で29%とわずかでありますが改善し、夜の検査も29%を維持。
標準値が40%弱~50%強ということからすると、まだまだ低すぎる数値なものの、13%→25%→27%→29%と少しずつ改善してきていることに期待を抱かない訳がありません。

一方、腹水の方も、朝の段階では改善が見られなかったものの、利尿剤により夜には随分と改善がみられたという報告も受けました。

食事も取れているようですし、金曜日は顔を上げることすらままならなかったのが、昨日は顔をあげ、今日は立ち上がることもできるようになりました。
その姿を見て、小さな体で頑張っており、着実に、一歩一歩、前へ進んでいることを感じたところであります。

金曜日の夜は、やはり最悪の事態が頭を過ったことは事実です。
以前、長男を流産したときに、彼とは既に、同じ時間を、目の前の空の色を、風の音を、どれ一つ共有できていないという事実を受け入れることがなかなかできませんでした。
今、我が家にゴロ助はおらず、がらんとしたゴロ助の家がなんだか寂しく見えるのですが、同じ空間にはいないものの、ゴロ助と同じ時間を共有し続けているということが、とても有り難く感じます。

とはいえ、まだまだ安心できないものの、ここまでこれたのは、医師の治療と本人の頑張りもありますが、絶体絶命のときに愛の手を差し伸べてくれたペコの存在がとても大きかったと思います。
振り返ってみると、多頭飼いに消極的であった私が(詳細は初期のブログに記載しています)、何故か多頭飼いを選び、しかしその結果、今回のような形になった訳でして。
天のお導きなのか、何であるのか、それは分かる筈もありませんが、ペコによってゴロ助の命が繋がったのは紛れもない事実であり、ペコにどれだけ感謝してもしきれません。
正に我が家の“ナイチンゲール”であります(ナイチンゲールなら、もう少し摂生してスリムになって欲しいところですが…)。

さて、明日からは、またウィークデーが始まり、私はゴロ助に会いに行くことができませんが、腹水が改善されれば、近いうちに自宅療養へ切り替えるという話も出てきましたので、無理はして欲しくはありませんが、また、ゴロ助と過ごす日々に戻れることを心より願うところであります。
ゴロ助のことは、家内とひめにお任せせざるをえませんが、会いに行く以外のところでサポートをし、この難局をチームで乗り切っていきたいと思いますので、引き続き、皆さまに見守っていただければ幸いです。

追伸 次回は我が家の“ナイチンゲール”さんが登場するかも(笑)


《今日のゴロ助》
4933.jpg

4934.jpg

4935.jpg

次に頑張るのは俺の番だ。


フレンチブルドッグひろば
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

回復への第一歩 [じいじ]

お陰様で最初の山は越えました。

ただ、今後も数週間は気の抜けない状態が続き、当面は容態の急変も覚悟しなければなりません。
医師もやれることはやる一方、あとは本人次第であると。

とはいえ、薬等の効果もあってか赤血球量も当初の13%から、ペコの力を借りて25%になり、今朝は27%、夜も27%と危険水位の20%を下回らなかったことも事実。
当初から「ゴロ助君の赤血球をつくる機能は維持されている」と言われており、破壊する数量との差し引きがマイナスからプラス(もしくはイーブン)へ転じているのも事実。

医師は経験上、駄目だった子はもっと元気がなかったと。
額面通りには受け取ってはいけないが、希望を持っていきたい、いや信じていきましょう。

しかし、この病気は「完治」することはなく、目指すのは「寛解」。
そして、本丸である血液のバランスにも注意を図りつつも、怖いのが薬や血液の欠陥に伴う内臓等の疾患。
ゴロ助は、内臓自体に異常はなさそうなものの、朝方に未だ吐き気があったようですし、腹水が溜まっており、夜になって腹水も増えているようであり、気がかりです。
腹水が胸水となると呼吸困難を招くので非常に危険なものですが、現状としては原因を探りつつという状態。
実際、この病気にかかった子は、病気自体で亡くなるほか、他の疾患を患わせて亡くなる子が多いのも事実ですので、まだまだ寛解への第一歩を踏み出しただけであり、何一つ確たるものがないといったところです。

そして、もう一つの気がかりは、再度赤血球量が低下した時に、輸血を受けるための“血”がないこと。
医師もペコからの再輸血はリスクが高すぎるという話。
お世話になっている病院に「供血犬」はおらず、誰かに頼らなければなりませんが、身近に血を提供するだけの体格と若さを持ち、そして血の提供をお願いできるような犬はおりません。
そうなると、昨夜のように輸血による対処療法が一切できなくなります。
色々と調べてはいるものの、未だ事前に対策を講ずることができていません。
ある意味、最大の課題です。

その課題解決に向けた検討のほかに今できることは、独りぼっちが嫌いなゴロ助のそばに許される限りいてあげること、それ以外はひたすら祈り、回復を信じること、そして何かあった時に即応できるよう一切アルコールを絶つこと、これぐらいしかありません。

週が明ければ、私はまた、こちらも山場を迎えた仕事とも向き合わなければならないので、色々な意味で勝負の夏になり、春頃より低下した体力の中、自分自身もコントロールしていかなければなりませんが、とはいえ、ゴロ助に対しても、仕事に対しても、悔いのない日々を過ごせるよう最大限努力してまいります。たとえ、ゴロ助の命のために自分自身をtrade offするとしても。


《今日のゴロ助》
4931.jpg

4932.jpg

ゴロ助、俺達が君を守る。


フレンチブルドッグひろば
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

 [じいじ]

病院からの連絡。

輸血が終わり、再度検査をしたところ、赤血球量が13%から25%に回復。
ペコが力になっている。
自分は鎮守神としている神様にお願いすることぐらいしかできないが。

ただし、昨夜の赤血球量の激減を考えると、まだまだ予断を許さない状況。
無事乗り越えれば、明朝より免疫抑制剤を使用する方針。
副作用の無い免疫抑制剤などないが、現状では使用しないという選択肢は無い。

最初の山場となる今夜。
負けるんじゃないぞ、ゴロ助。
俺達がついている。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

輸血 [じいじ]

ペコから採血。
首、肩、足の3ヶ所から太い針で約200cc。
小さな体で頑張った。

そして、ゴロ助へ輸血開始。

届け、ペコと俺達の想い!
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

概況 [じいじ]

ゴロ助の病名は「免疫介在性溶血性貧血」。
体が赤血球を敵と誤認し、破壊する病気。

昨日の検査で30%強あった赤血球量が、今日は13%。
一晩で半減し、危険水位の20%を切ってしまっている状況にある。
単純計算では、これまでのペースで破壊し続ければ今夜には0%。
酸素を運ぶ術がないので、もちろん命が途絶える。

破壊するターゲットを増やすことでゴロ助の赤血球を守る治療がまずはなされ、時間稼ぎ。
その治療の一つがペコからの輸血。
さらに、札幌の病院から、攻撃を抑える薬が輸送中であり、その後治療を実施予定。

あとは先生に任せるしかない。
ゴロ助を小さな頃から診てくれている信頼できる彼に委ねるしかない。

私にできることは祈ること。
強く強く祈ること。
大丈夫、きっとペコの気持ちがいっぱい詰まった血が、ゴロ助を守ってくれる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

うそだ [じいじ]

今朝、ゴロ助がまた嘔吐しました。
ただ、いつもより元気がない。

家内に病院へ連れていくことを任せ、出勤したが、昼休みに病院から電話があり、今夜を越せるかどうか半々と。
「血を壊す」病気らしく、進行も早い。

あらゆる治療を依頼する一方、ペコからの輸血が必要と。
仕事を調整し、これからペコとともに病院へ。

ゴロ助、待ってろ。
病気に負けるな。
必ず元気になって、家に帰るぞ。
また、秘密基地にみんなで散歩に行くぞ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

2000回にあたって [じいじ]

4719.jpg
じいじです。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
お陰様で、本日、2000回を迎えることができました。

僭越ながら、2000回にあたり、一言述べさせていただきます。

前回、私が書かせていただいたのは2009年9月27日。
ex04.jpg
白老町の山中で迷い犬と出会ったときです。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、出会ってから1か月後、殺処分にさせないために我が家で引き取り、約3か月間共に過ごしたのち、引き取りを希望される大阪の新たな家族のもとへ旅立った
ex05.jpg
リオ君です。

早いもので、あれから5年も経ちました。
それどころか、このブログを始めてから約7年になろうとしています。

そもそもブログを始めた動機は、ゴロ助との他愛もない日々を記録に残しておきたいということでした。
今となっては随分と年老いたゴロ助も、我が家の一員となったときは、
ex01.jpg
こんなにも子供だった訳でして。

しかし、なかなか記事にする内容もなく、ブログ更新が滞っていたその時期に、大病を重ね、複数回の入院をし、更に長男の流産の危機という形で入院となった家内への近況報告として、毎日更新を始めました。
残念ながら長男と人生をともに歩むことは叶いませんでしたが、ゴロ助がいたことで、そしてこのブログを通じてコメントをくださった皆様のおかげで随分救われていたと改めて感謝申し上げます。

その後、
ex02.jpg
ペコが我が家の家族となり、そしてこのブログでは“ひめ”とよんでいる
ex03.jpg
長女が生まれ、それからは埼玉に住む父親への孫の近況報告も兼ねた形で今日に至っております。
そんな7年間が、きちんと記録として残っていることに、感慨深いものを感じます。

7年前の私は、まだまだ自分のことだけで精一杯でしたが、年を重ね、様々な経験をし、会社での立場も7年前とは変わった今日では、少し考え方も変わったように思います。
もちろん、まだまだ至らぬ点だらけの未熟者であることは自他ともに認める事実ですが…。

昔から自分の信念に対してはぶれることなく突き進むタイプでありましたが、それが自分(達)中心であったあの頃に比べ、今は人を思い、人を育て、少しでも人に影響と力を与えることを考えながらの信念を抱くようになったことは、少し成長した部分かもしれません。とある有名な方の言葉でありますが、最も為すべきものは「業」でも「金」でもなく「人」なんだとつくづく思います。

まだまだ未熟者ではありますが、私を支えてくれるゴロ助、ペコ、そして天国で暮らす彼も含めた家族、さらにはこのブログをご覧いただいている全ての皆様に、なにか少しでもお力を与えられるような男となるよう精進してまいりますので、引き続きの叱咤激励、そして当ブログのご愛読をお願い申し上げて2000回にあたってのご挨拶とさせていただきます。

次は3000回を目指して。

2015年5月9日 じいじ
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

大丈夫 [じいじ]

道道86号白老大滝線。
670.jpg
“四季彩街道”とも呼ばれているこの道は、通行量こそ多くないものの、木々や山々が美しい素晴らしいドライブコース。
ですから、いうまでもなく人家はほぼなく、見渡す限り木と熊笹と雑草に覆われたなにもないところ。

そんな美しい道を気分良くドライブしていると、明らかに違和感のある光景が眼に入ってきた。
何もない道路沿いを、一匹のコーギーが不安そうに歩いている。
状況を理解しきれていなかったが、見過ごすわけにはいかないという気持ちが先立ったのだろう、自然とブレーキを踏んでいた。
ハザードを点けて、ミラー越しに様子を伺うと、コーギーもこちらの様子を伺っているよう。
色んな事が頭をよぎったが、とりあえずコーギーの元へ向かうことにした。
しかし、コーギーは人を恐れ、逃げてしまう。

田舎道だから、車は皆80kmぐらいで走っている。
深追いして、道路に飛び出て轢かれたりしたら…と距離を保ちつつ、近づこうとするが、耳を絞って逃げる。
そして、逃げた拍子に道路脇のU字溝(側溝)に落ちてしまった。
私は距離を縮めるも「ウー」と唸りながら、それでも逃げる。
追いすぎるのも良くないと思い、ここで私は一旦車に戻ることにした。
戻りながら、後ろを振り返ると、コーギーはこちらを見ている。
折り返してみるも、また逃げる素振り。
仕方ないので、車に戻り、妻に状況を話した。

この段階でわかるのは、痩せてはいるものの、毛並みは決して悪くない。
必要以上に人を恐れる。
放っておいたら、いつ轢かれてもおかしくない状況。
無視して行く事もできるが、自分自身がそれを許さない。

今度は、ゴロ助のおやつを拝借し、再度近づいてみる。
唸り声は上げず、ただただ震えるばかり。
話しかけながら近づき、おやつを差し出すと、力なくペロペロ舐めるばかり。
かじる力もないのかと、細かく砕き、口元に差し出すと、そっとかじり出す。
一口、二口。
よっぽどお腹が空いていたのだろう。
その後は無心で頬張るばかり。
しばらく、近くで声をかけていると、あごを撫でさせてくれた。
震えも止まる。
そして頭を撫でようとすると…ビクッと耳を絞って眼を閉じて怯える。
叩かれるとでも思ったのだろうか。
きっと、そういった状況にいて、トラウマになっているのかもしれない。
心が痛んだ。
頭を撫でるのを止め、顎を撫でてあげる。
落ち着いてきた様子。
そして、側溝から引き上げる。
最初は逃げ場を求めているが、次第に私の元へ。
車へ向かうと後をついてくる。
そのまま車まで一緒に来る。

とりあえず、ウェットティッシュで側溝の泥まみれの体を拭いてやる。
コーギーはまだ私を信用せず、そわそわしている。
しばらく、体を撫でていると、安心した模様。
唸り声を上げていた時と、180度違う顔で私に飛びついて来た。
まだ、泥を完全に拭いてないのに。
ああ、一張羅のジーンズが…(涙)。

見渡しても近所に家はない。
やはり捨て犬か。
後ろ足を痛がる素振りをするので、コーギーを後部座席の足元に乗せ、私がコーギーを動き回らないように撫でながら、妻に車を運転をさせ、白老の町へ向かった。
白老の動物病院に電話してみると、営業時間外にも関わらず、無料で検診をしてくれた。
とりあえず怪我はしていないようだった。
歯から年齢を察するそうだが、高齢の犬とのこと。
ただ、歳の割には毛艶はいいと。
先生の話で、コーギーの体臭が「牧場臭い」らしく、放し飼いの犬が迷子になった可能性もある、とのことだったので、再度現地に戻ることとした。
先生は別れ際、もし見つからなくて、札幌へ連れて帰るより、飼い主が名乗り出る可能性もあるからと、役場の連絡先を教えてくれた。

ゴロ助の車用ケージにコーギーを入れ、再度、コーギーを見つけた白老町森野地区へ。
残念ながら、犬を探しているような人も車もなく、また、発見した場所の周囲には、家などもなかった。
でも、このまま引き下がれない。
意を決し、ちょっと先の民家を突然尋ね、事情を話し、そのような犬を飼っている家はないかと聞いてみたが、知らないとのこと。
でも、もしわかったらということで、携帯番号を聞いてくれた。

畑から帰る途中のご婦人にも聞いてみるが駄目。
レストランの皆さんに聞いてみるも、また駄目。
レストランの方の話では、結構犬を捨てていく人も多いらしく、その方もゴールデンレトリバーを保護したことがあるとの話。
…。

結局有力な情報は見つからなかったものの、親身に話を聞いてくださった皆様に感謝。
もてなしの心のない北海道と言われているが、誰一人冷たくあしらったりせず、私自身が相当救われた。

先生の言った「飼い主が現れるかもしれない」というかすかな希望を胸に、役場に電話し、預かってもらうことにした。
このまま連れて帰るには、急過ぎて対応できない“人間の都合”がよぎったことも否定しない。

役場に着くと、当直の方が出迎えてくれた。
「ああ、この犬かい?」とゴロ助を指したので、「うちの犬です」と即座に否定した。
コーギーにも否定してくれる人がいるはずなのに…。
当直の方は“トラロープ”をもってきたので、さすがにこれで首輪はかわいそうと思い、即席でハーネスを作ってあげた。
当直の方の話では、保護施設は決して良い環境ではないとの事。
心を開いてくれたコーギーはとても優しく、少し臆病、でも好奇心旺盛といった非常に愛らしい犬だった。
それゆえに不安。
ただ、3ヶ月は餌をあげ、飼育するとのこと。

3ヶ月たったらどうなるんですか?と半ば分かりきったことを聞くと、「屠殺だな」。
…。
1ヶ月で飼い主が出てこなかったら、3ヶ月経っても、きっと一緒だろう。
心は固まった。

当直の方に、迷い犬の書類記入を求められ、記入する。
ここで、出会ったのも何かの縁。
簡単な問題ではないことはわかっているが、妻も同意。
書類の最後にある特記事項に、迷わず「飼い主が現れない場合は引き取ります。ご連絡ください。」と記す。
当直の方も、その事を担当に伝えるし、ちゃんとご飯をあげると言ってくれた。
とはいえ3ヶ月待たずに連絡は入れるつもりだ。
老犬なら、なおさら時間はない。
一人では逝かせない。

役場を後にし、札幌へ戻るも、彼の事が気がかりで仕方ない。
車の中でも、不安になるとクンクン鳴いていたから、檻に入れられて、不安じゃないだろうか。
でも、飼い主が現れれば、それに越したことはない。
私自身も、そのかすかな希望が叶うことを切に願っている。

671.jpg
発見場所:白老町森野
連絡先:白老町役場 生活環境課 0144-82-2265(直通)・0144-82-2121(代表)

最後に、無料で検診してくれました白老町の「ピノ動物病院」様、そして親身に話を聞いて下さり、情報があれば連絡すると言ってくださった白老町森野地区の皆様、この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 

フレンチブルドッグひろば
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット